TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

金融経済 トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • お金に関する思考学習

    お金に関する思考学習

    赤字家計や生活苦・経済苦あるは借金苦などから正常に回復することも、又は家計の資産を増やすことも、又はビジネスや投資などで利益を上げることも…これらの事柄は、全て「思考」が左右します。 そういった、お金に関する教育的な「思考学習」のテーマをいろんな方が出し合って、より多く集めて、日本から貧困層、生活苦・経済苦などで苦しむ家庭を減らす手助けをしましょう。

    テーマ投稿数 3,650件

    参加メンバー 336人

  • 食料自給率

    食料自給率

    食料自給率(しょくりょうじきゅうりつ)とは、1国内で消費される食料のうち、どの程度が国内産でまかなわれているかを表す指標。食料を省略して自給率と言われる場合もある。

    テーマ投稿数 25件

    参加メンバー 13人

  • 世界貿易機関(WTO)

    世界貿易機関(WTO)

    世界貿易機関(せかいぼうえききかん、World Trade Organization、略称WTO)は、自由貿易促進を主たる目的として作られた国際機関。GATT(ガット)ウルグアイ・ラウンドにおける合意に基づき、マラケシュ宣言により1995年1月1日にGATTを発展解消させて成立した。 WTOはGATTを継承したものであるが、GATTが協定(Agreement)に留まったのに対し、WTOは機関(Organization)であるのが根本的な違いである。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 2人

  • 国際連合

    国際連合

    国際連合(こくさいれんごう、United Nations)とは、国際連合憲章の下に設立された国際機構である。世界の安全保障と経済・社会の発展のために協力することを目的とする。多くの言語で第二次大戦中の連合国を呼称を同じくする。略称は、国連、英語ではUN。

    テーマ投稿数 161件

    参加メンバー 25人

  • 自由貿易協定

    自由貿易協定

    自由貿易協定(じゆうぼうえききょうてい、Free Trade Agreement/FTA)とは、物品の関税、その他の制限的な通商規則、サービス貿易等の障壁など、通商上の障壁を取り除く自由貿易地域の結成を目的とした、2国間以上の国際協定である。 地域経済統合の形態の中では、緩やかなものとされている。2国間協定が多いが、NAFTA(北米自由貿易協定)等の多国間協定もある。 またFTAには自由貿易地域 (Free Trade Area) として、自由貿易協定を結んだ地域を指す場合がある。 国際的には自由貿易協定(Free Trade Agreement)によって設定される自由貿易地域(Free trade Area, FTA)を略語に当てることが多く、日本では、自由貿易協定(Free Trade Agreement)をFTAの略語を当てることが多い。

    テーマ投稿数 59件

    参加メンバー 13人

  • 石油輸出国機構(OPEC)

    石油輸出国機構(OPEC)

    石油輸出国機構(せきゆゆしゅつこくきこう、英:Organization of the Petroleum Exporting Countries)は、石油産出国の利益を守るため、イラン、イラク、クウェート、サウジアラビア、ベネズエラの5カ国の原加盟で1960年9月14日に設立された産油国の組織。本部はオーストリアのウィーン。略称はOPEC(オペック)。

    テーマ投稿数 7件

    参加メンバー 6人

  • ヨーロッパ連合(EU)

    ヨーロッパ連合(EU)

    ヨーロッパ連合は1993年11月1日にマーストリヒト条約により発足。ECから発展し、ヨーロッパの大半を占める加盟国によって構成される国家連合体である。 政治、経済、軍事など社会のあらゆる分野でヨーロッパの統合を目指している。本部はベルギーのブリュッセル。 東方拡大、特に旧ソ連諸国の加盟は国際政治の最重要問題の一つ! 写真はベルリンのブランデンブルグ門。まさに自由なヨーロッパの東方拡大の象徴!

    テーマ投稿数 321件

    参加メンバー 29人

  • 国債

    国債

    国債(こくさい)は、国が財政上の必要から発行する債券で、国の運営に必要な資金を集めるために発行される。正式名称は「国庫債券(こっこさいけん)」である。

    テーマ投稿数 56件

    参加メンバー 22人

  • 為替(FX)ピボットトレード派

    為替(FX)ピボットトレード派

    チャートや経済指標に捉われずピボットで逆張り!! ピボット指数を参考にFX取引しているブロガーの方、 ピボット指数を毎日、毎週、毎月更新・公開しているブロガーの方、 ぜひトラックバックして下さい。 通貨ペアは問いません。 順張りメインの方も、NR7を参考にトレードできます。 ピボットトレーダーのブログであれば、記事はピボット関連でなくてもOK!! 【ピボット到達確率の検証結果】 ピボット中心値通過確率     :約70〜80% 第1サポート/レジスタンス到達確率:約40〜50% 第2サポート/レジスタンス到達確率:約10〜25% ブレイクポイント到達確率    :約15%未満

    テーマ投稿数 1,320件

    参加メンバー 33人

  • 為替

    為替

    為替(かわせ)とは、手形や小切手、郵便為替、銀行振込などによって金銭を決済する方法である。遠隔地への送金手段として、現金を直接送付する場合のリスクを避けるために用いられる。特に輸出入をする際に用いられている。 日本では江戸時代の大坂を中心に為替(手形)による取引が発達して、当時の世界ではもっとも優れた送金システムを築き上げた。 時間上のお金の流れを指す金融に対して、空間上のお金の流れを指す概念としても用いられる。 主に次の2種類に分けられる。 ・内国為替  金融機関が、国内の遠隔地で行われる債権・債務の決済を、現金の移送を行わずに決済する方法。 ・外国為替  通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法。   また、外国為替を利用した金融派生商品に「外国為替証拠金取引」がある。

    テーマ投稿数 28件

    参加メンバー 16人

続きを見る

続きを見る

続きを見る