TOPICS

アジア経済・中国経済 注目記事ランキング

1位〜50位

  • 1位

    中国の殺し屋や闇組織の話題

    今回は大陸の闇社会の話題です 下請けまである 中国の殺し屋中国の不動産開発業者のタンはライバル会社と法的な紛争があり、裁判で大きな損失が出ることを恐れていた。…

    パニッシャー

    最新 世界/アジアの経済&ミリ情報発信

    読者になる
  • 2位

    人気のある弁護士になれるのは、マグロ解体技術を持つ寿司職人だけだ

    タイトルだけを見ると、一体何が言いたいかわからないと思うのですが、クライアントに人気のある弁護士と、賢いのに、全然人気のない弁護士を分かつ基準の1つがマグロ解体技術の有無にある、ということです。

    castblog

    国際弁護士 村尾龍雄の「今がわかる!!アジア情報」

    読者になる
  • 3位

    第108回 W11と中国輸入博覧会、オンラインとオフラインの2大イベント(前編)

    「中カツ!通信」は中華圏歴16年を超え、湖南省出身の妻と娘と上海で暮らす野村が「中国で勝ちたい人」のために、「日々ちょっと活力を得られる情報」を、お届けするブログです。

    ノムさん

    中カツ!通信

    読者になる
  • 4位

    【現地報道に見るネパール市場の状況】ネパール政府が国内企業によるソフトウェアサービス購入の国際的な支払いを禁止:2019年11月11日付けRepublica紙

    (記事要約)中央銀行が過去数か月間、さまざまなビジネスにおける海外への支払いを停止していることから、多くの企業(特に外国投資のある企業)では、ソフトウェアプログラムの購入、修理、または更新料金を外国企業に支払うのに困難に直面している。中央銀行は数か月前まで産業局の推薦状なしに国外支払いを許可していた為、国際的な支払いは問題なく実施されていた。しかし今年度の金融政策で、産業局の推薦状を必要とする新たな規制が導入された。産業局は「外国投資法をはじめ既存の法律には、産業局が推薦状を発行するとは規定されていない。また、産業局には、その支払いが本物かどうかを確認する術がない。また、その支払価格が競争入札や市場価格に基づいていると、どのように検証することが出来るか」と述べた。ネパール企業で使用されているソフトウェアの殆どは...【現地報道に見るネパール市場の状況】ネパール政府が国内企業によるソフトウェアサービス購入の国際的な支払いを禁止:2019年11月11日付けRepublica紙

    サール

    新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ

    読者になる