TOPICS

アジア経済・中国経済 新着記事

1件〜50件

  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】バングラデシュは世界競争力ランキングで順位を下げる:2019年10月10日付けDairy Star紙

    (記事要約)世界経済フォーラムのGlobalCompetitivenessIndex2019(GCI2019)において、バングラデシュは昨年より2つ順位を下げ、今年は105位に位置づけられた。このインデックスは、インフラストラクチャ、情報通信産業の普及、マクロ経済の安定性、健康、スキル、製品市場、労働市場、金融システムなど12テーマの103指標を通じて評価される。今年はマクロ経済の安定性、労働市場、情報通信産業の普及およびインフラで、大幅な低下が見られた。またGCI2019は、労働者の不十分なスキルが将来的な課題と指摘。関係者は「第4次産業革命により将来、多数の労働力が負担になる可能性がある。安価な労働力の概念は、スキルの観点から見直しが求められている」と語った。(記事に一言!)今回の記事は、GlobalCom...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】バングラデシュは世界競争力ランキングで順位を下げる:2019年10月10日付けDairyStar紙

    サール

    新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ

    読者になる
  • 【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】民間企業は来年も力強い成長の見通し:2019年11月12日付けDaily Star紙

    (記事要約)バングラデシュ企業の97%が、強力な経済成長と国際貿易の見通しに支えられ、来年も事業を拡大する見通しを有している。昨日発表されたHSBCのNavigatorReportが明らかにした。この割合は、世界平均の79%やアジア平均の77%よりもはるかに高い。さらに、調査対象となったバングラデシュ企業の50%は、来年は15%以上の成長を期待している。この調査では、ビジネスの見通し、国際貿易、地政学、持続可能性、テクノロジー、幸福度などのトピックに関し、短期および中期における見通しに焦点を当てた。また2019年8月~9月にかけて実施され、中小企業から大企業を含む9,131企業の意思決定権者から回答が寄せられた。HSBCは「成長を続ける縫製産業や製造業を中心に、バングラデシュは今後も国際貿易から利益を得る態勢が...【現地報道に見るバングラデシュ市場の状況】民間企業は来年も力強い成長の見通し:2019年11月12日付けDailyStar紙

    サール

    新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ

    読者になる
  • 香港各所で銃撃 負傷者も複数発生 画像多数

       ついに香港各所で銃撃 負傷者も複数発生 画像多数    #銃撃 #中国 #逃亡犯条例 #発砲 #負傷者 #武警  #香港

    パニッシャー

    最新 世界/アジアの経済&ミリ情報発信

    読者になる
  • 【現地報道に見るネパール市場の状況】高金利の定期預金に預金が集中:2019年10月31日付けRepublica紙

    (記事要約)銀行・金融機関(BFI)における貸付資金の不足と長期資金の獲得競争により、銀行における預金構成が変化している。2016年までは普通預金の割合が高かったが、現在では定期預金が最も高い割合を占めている。預金総額に占める定期預金の割合は、2016年7月中旬は30.5%だったが、2019年9月中旬には48.5%に増加した。一方、預金総額に占める普通預金の割合は、2016年7月中旬の30.5%から今年9月中旬には32.5%に低下した。普通預金と定期預金の割合の逆転は、近年の定期預金の金利の急激な上昇に起因する。固定預金の高金利は、リスクの少ない投資手段を探している新しい預金者を惹きつけただけでなく、既存の預金者も定期預金に資金を移すことを促した。預金者は近年、金利に敏感になっている。業界関係者は「以前は貯蓄金...【現地報道に見るネパール市場の状況】高金利の定期預金に預金が集中:2019年10月31日付けRepublica紙

    サール

    新興国・発展途上国への日本企業による海外展開を応援するブログ

    読者になる
  • 人気のある弁護士になれるのは、マグロ解体技術を持つ寿司職人だけだ

    タイトルだけを見ると、一体何が言いたいかわからないと思うのですが、クライアントに人気のある弁護士と、賢いのに、全然人気のない弁護士を分かつ基準の1つがマグロ解体技術の有無にある、ということです。

    castblog

    国際弁護士 村尾龍雄の「今がわかる!!アジア情報」

    読者になる
  • 第108回 W11と中国輸入博覧会、オンラインとオフラインの2大イベント(前編)

    「中カツ!通信」は中華圏歴16年を超え、湖南省出身の妻と娘と上海で暮らす野村が「中国で勝ちたい人」のために、「日々ちょっと活力を得られる情報」を、お届けするブログです。

    ノムさん

    中カツ!通信

    読者になる
  • 中国の殺し屋や闇組織の話題

    今回は大陸の闇社会の話題です 下請けまである 中国の殺し屋中国の不動産開発業者のタンはライバル会社と法的な紛争があり、裁判で大きな損失が出ることを恐れていた。…

    パニッシャー

    最新 世界/アジアの経済&ミリ情報発信

    読者になる